その原稿に不備はありませんか?

質の高い同人誌をスピーディーに仕上げるには、発注内容や原稿に不備がないことが第一原則です。不備があれば確認と再入稿が必要になり、その分完成に遅れが出てしまいます。

〆切の繰り上げや料金アップなどをせずに現在のサービスを提供し続けるには、作家さんのご協力が不可欠です。何卒ご理解いただき、入稿前の入念なチェックをお願いします。

あなたの原稿は大丈夫ですか?

CAUTION! よくある不備ランキング
第1位

連絡先の不備

最近、TwitterやpixivなどSNSのIDを使用される方が増えていますが、連絡先としては不十分です。最低でもメールアドレスはお伝えください。

第2位

原稿の文字切れ

背幅を計算せずに作成されると起こります。表紙の文字切れ、本文の文字切れともにご注意ください。意図的にセリフやタイトルなどを見切れるデザインにしている場合は注釈などを添えてください。

第3位

トンボの誤り

トンボがない、サイズが違う、トンボがつぶれている、塗り足しがない、など、基本的なことではありますが不備が多発しています。

第4位

奥付の不備

本の内容にかかわらず、商品としての責任の所在を明らかにするため、奥付の4点を必ず記載してください。(1)発行年月日、(2)サークル名、(3)発行者連絡先(メールアドレスなど)、(4)印刷会社

第5位

発注内容の不備

発注内容と入稿データに相違がある場合は作業を進められません。記入漏れ、ページ数の数え間違いなどにご注意ください。

入稿前チェックシート
  • 原稿は縮尺100%になっていますか?
  • ファイル形式は「ai」など適切な形式になっていますか?
  • カラーモードは表紙・本文ともに正しく設定されていますか?
  • 解像度は表紙・本文ともに正しく設定されていますか?
  • ノンブルは誤りなく挿入されていますか?
  • ノンブルとファイル名のナンバリングは同一になっていますか?
  • ファイル名は半角英数字になっていますか?
  • (Illustratorの場合)文字はすべてアウトライン化されていますか?
  • (Photoshopの場合)レイヤーはすべて統合されていますか?
  • 白紙ページや意図的な表現などの注釈はすべてそろっていますか?

CAUTION! 成人向け表現について

弊社の成人向け表現の修正基準はコミケットアピールの記載内容に準拠し、修正は弊社判断にて行います。修正は白抜きあるいは黒ベタのみ、トーンやモザイク処理は不可とします。原稿を拝見して修正が不足している場合は、改めてご連絡を差し上げ、当方にて修正作業を行いますのでご了承ください。

※明らかに修正を怠ったと思われるケース、修正箇所があまりにも多いケースは所定の手数料をいただく場合があります。
※修正を拒否される場合、それまでの作業費用を請求のうえ、原稿を返却することがあります。
※現行法令に則り、発行にリスクがあると判断される場合は、ご入稿をお断りするケースがあります。
※お客様側での成人向け表現の修正は、再入稿が発生して作業の遅延につながりますので、原則としてお断りしています。

児童ポルノ規制法案など状況は刻一刻と変化しており、以前は可とされたものが現在では不可となるケースもあります。十分にご配慮のうえ、発行責任を全うしていただきますようお願い申し上げます。

※Adobe Illustrator、Photoshopは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。